引っ越し安く済ませるなら見積もりで比較する

始めての引っ越し

今では、ネットで簡単に比較ができる時代なので各会社に電話をする手間がありません。複数社から見積もりを取った時上手に比較をするためにもチェックしたいポイントは覚えておく必要があります。

迷った時は相談を

引っ越し業者によってプラン内容が違いますし、数も違います。今の状況に合ったプラン選びに迷ったら引っ越し業者に相談をしましょう。

よく使われている人気のプラン

no.1

荷造りを手伝うプラン

引っ越し業者が扱うプランには、荷造りを自分で行なうものと業者が作業するものと二つに分かれます。中でも人気なのが荷造り作業をプラスしたプランで、作業をする時間がない人や壊れやすいものを荷造りするのは気が引ける場合に使われています。

no.2

基本コースは惜しくも2位

家具を運搬するのを業者に頼み、荷造りは自ら行なうのが基本プランの内容です。手伝う相手が多くいる場合や単身者の引っ越しは基本プランで大体収まります。見積もり費用もすべて任せるよりは安上がりなのでこの結果となりました。

no.3

ニーズに合わせたプラン

基本は上位にあるプランが選ばれますが、入学を機に引っ越しをする場合学生向けのプランだと学割が効くので大変に人気があります。近年は、高齢者向けのプランを扱う引っ越し業者も多く頼りにされています。

no.4

指定がない場合

通常、引っ越しをする場合作業日や到着日を指定しますが、日時の指定がない場合業者にお任せができるので時間に余裕がある人から好まれています。主に実家へ戻る時や荷物だけを運びたい場合に利用されています。

no.5

立て替えに便利なプラン

新しい家ができるまで、荷物を預かるサービスを提供する引っ越し業者もあります。この場合保管場所を提供し、大切に管理してくれます。引っ越しが決まった時は荷物の運び出しを共にやってくれる頼もしいプランです。

見積り内容のチェック

作業員

見積書と契約書の確認

始めにチェックしたいのが見積書と契約書の違いです。契約書は見積もりをした後、作業をこの業者に依頼すると決めた時の証明になるため、キャンセルすれば違約金が発生します。見積書の段階ではまだ検討中なのでキャンセル料はかかりません。

作業員の数とトラックのサイズ

見積りを出してもらった時、作業員の数と荷物を乗せるトラックの大きさが適切であるかがチェックポイントになります。トラックのサイズが小さいと積み切りといって詰めるだけ詰めるといった意味になります。最悪トラックをもう一台手配しなければならず無駄金が発生します。

日時を確認する

引っ越し作業を依頼をする時は、作業日と積み降ろし作業がいつか業者の方に予めチェックしておくと効率よく作業ができます。安く見積もりを取る時はフリー便が有効ですが、同じ内容条件にしないと正しく比較をすることができません。

業者の上手な使い方

カップル

安く抑えるコツ

引っ越し依頼は1000円2000円で依頼できるものではなく、万単位になります。上手に引っ越しをする人は負担にならない方法を頭の中に入れていますよ。どうすればお得に効率よく作業できるのか把握しておきましょう。

READ MORE
広告募集中